お知らせ(バックナンバー)

【平成22年3月14日研修会のお知らせ】
1.うつ病の理解とこころのケア〜認知行動療法の視点から〜
(盛況のうちに終わりました。ありがとうございました)
時間:9:30〜11:30
場所:新潟ユニゾンプラザ 中研修室
講演者:鈴木伸一 早稲田大学 人間科学学術院
司会:神村栄一  新潟大学
主催責任者:新潟認知行動療法リサーチセンター 代表 小林奈穂美

2.うつ病に対する集団認知行動療法研修会

専門家向けに大変わかりやすい、最新のご研究と実践に基づいて教えていただきました。早稲田大学の鈴木先生には感謝しております。

【平成21年11月3日】
ユニゾンプラザで第3回認知療法による面接技術を学ぶ研修会を主催いたしました。
講師に新潟大学の神村先生をお迎えし、午前中は講義形式、午後はロールプレイという形で、実際に認知療法を実践で用いることができるような研修会となりました。

【平成21年6月13日】
第2回市民講座を開催しました。『おとな・こどもの不安』がテーマで、実際に『いやな気分と不安が低下する』という実践も交えた講座でした。
第3回市民講座は、北海道大学の冨家先生をお迎えして、うつ病の予防について講演をしていただきました。
とても皆さんの評価は良かったようで、また先生を新潟へという声が聞かれました。

【平成21年5月9日】
今年度第1回目の市民講座を開催しました。
認知行動療法で生活の質を高めようというテーマで、『うつ病からの復職支援』というお話をしました。

【平成21年5月1〜6日】
京都で開催された、Christine A.Padesky先生による認知療法によるうつ病と人格障害の治療のワークショップが開催されました。
主催は横浜の心理相談センターの千田恵吾先生でした。
このたびは、翻訳を新潟大学の神村栄一先生と一緒に取組み、当日通訳を目白大学の笹川智子先生とともに務めさせていただきました。
ワークショップは、鳴門教育大学の井上和臣先生とChristine A. Padesky先生の対話などもあり、盛りだくさんな有意義なWSとなりました。
Christine A.Padesky先生の著書は『うつと不安の認知療法練習帳』創元社から出版されています。
認知療法に取り組んでみたい方にはお勧めです。